知っておくと便利!税理士に相談できる内容とは?

知っておくと便利!税理士に相談できる内容とは?

電卓

新しく事業を立ち上げた

日本には様々な税金があり、何かをすることで税金を支払わないといけない義務があります。それは新しく事業を立ち上げたときも同じです。もし、新たな事業を始める場合、申請や税金など色々な問題があるでしょう。そんなときに税理士に相談することによって、申告漏れなどのミスが無くなります。安心して事業を始めたい人は大阪や港区にある税理士事務所をチェックすることです。

レディ

税務調査が発生した場合

事業を立ち上げて通常通りに業務をやっていると、急に税務調査が入る可能性があります。もし、財務省から連絡があった場合は、税理士に相談することをおすすめします。場合によってはこの税務調査によって、罰金が発生する恐れがあるので、事前に対策をしておきましょう。また、経理も事業を運営していく上で重要な存在となっているので、会社の経理を見てくれる人材を見つけることも大事です。

【財務と経理】この2つの違いをチェック

財務

会計情報を見て、会社の資金計画などを立てるのが主に財務の役割となっています。税理士と呼ばれる人たちが、財務に関する仕事をしているでしょう。

経理

一方で経理とは、会社のお金に関する情報をまとめて、決済書や伝票などの書類を作成していきます。会社を運営するためにも、経理担当者は必ず存在します。

税理士がサクサク検索できる♪

広告募集中